So-net無料ブログ作成
検索選択

トリイ寄席 [落語]

2月1日、桂ざこば一門会に行って来ました。千日前の上方ビルのトリイホール。
100人ほど入るホールは、マイクなしの落語家さんの生の声での高座。
 
桂りょうばさん・・「強情灸」 
シュッとしたしょうゆ顔。
初めて聴きました。なかなか好感度のある落語家さん。 IMG_3822.JPG
 
桂ひろばさん・・「狸の化け寺」
落語家になりたくて、大学中退したことを、師匠のざこばさんに会う前日まで母親には言えなかったんだって。
 初めて聴く演目で、ひろばさんも初めて。
ちょっと二枚目の様な、そうでないような・・・。
 
桂塩鯛さん・・・「鹿政談」
ざこばさんの1番弟子で、塩鯛さんも3人のお弟子さんがいてはります。好きな落語家さんの一人で、今日の寄席も塩鯛さんがお目当てでした。
本題に入っていく前の、まくらも惹きつけられて笑わしてくれはる。
お顔は、やっぱり名前の通り、塩焼きした にらみ鯛に似てはるなぁ。
 
桂米紫さん・・・「宗論」
塩鯛さんの1番弟子。コロッとした体に愛嬌のあるお顔。
汗をかきながらの大熱演。これからも楽しみな落語家さん。
 
桂ざこばさん・・・「しじみ売り」
私と同い年 なんやって!? 
物忘れもひどくなって、歳なのか?ボケてきたのか?・・・と。
日常生活を話して 会場を笑わしてから・・
ベテランの貫禄。ジックリ聞かせて笑わして。
やっぱり、巧いなぁ・・
 
落語会を終えて、午後9時・・千日前通りは かなりの人出で賑わっていました。


うぇす亭新春寄席 [落語]

25日、堺市西区鳳のウェスティホールの落語会。IMG_3805.JPG
 
ふえ福さん、フーさんの3人で聴きに行きました。
 
その前に パンジョの「大戸屋」で腹ごしらえ~ 
 
かなり早く着いたので「鳳ウィングス」で
珈琲タイムも先にして
 
お腹が満腹になったころ・・会場へ。 

桂三語さん・・・延用伯
笑福亭喬若さん・・・ちりとてちん
笑福亭三喬さん・・・初天神
 
同じ噺でも落語家さんによって演じ方は違います。
 
今日も まくらから大笑い[わーい(嬉しい顔)]
 
私ら3人とも又笑いが・・・[ふらふら] 
 
落語教室の先輩たちも沢山来てはりました。
 
           ホント楽しい落語会でした。
IMG_3806.JPG
 
 
 
 


河内寄席 [落語]

18日、河内長野のラブリーホールへ桂吉弥噺の会。
FullSizeRender.jpg

露の瑞さん、すずめ屋ちゅん助さん、桂吉弥さん・・中入り休憩、桂紅雀さん、桂吉弥さん。

瑞さんの「金明竹」後半のあの早口で喋るのは拍手!!
IMG_3796.JPG

今日もたっぷり大笑いで帰りました!(^^)!

ぶんか寄席 [落語]

15日、堺市立東文化会館での「ぶんか寄席」にNさんと聴きに行きました。
 
東区西野の文化村に因み桂文華さんと北野田出身の
笑福亭喬介さん、露の瑞さん、そしてトリは
H27年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞された露の新治さん。
P1060064.JPG 
 
まずは 瑞さん・・Nさんと二人で「みずほちゃ~ん!」と掛け声。
 
演目は 露の瑞さん・・・犬の目
笑福亭喬介さん・・・つる
桂文華さん・・・ふぐ鍋
露の新治さん・・・狼講釈
 
今年も笑って元気になります[わーい(嬉しい顔)]
 
終演後ロビーで P1060061.JPG 
瑞さんはパー[手(パー)]で私の勝ち~[手(チョキ)] 
 
P1060062.JPG 喬介さんとは、あいこ[わーい(嬉しい顔)]
なんでか、ピースってしてしまうねぇ~[わーい(嬉しい顔)] 

発表会 [落語]

14日、露の都師匠の教養講座で、クラブの私たちも発表会でした。
 
「時うどん」をする私たち5人。
 
Nさんは、転勤で岐阜からの参加なので、電話での遠距離練習を何度か済ませて
息もぴったり[exclamation&question]
 
前日のリハーサル後は、我が家で泊まってもらいました。
 
昨年は、700人以上もの方が聴きに来られ、会場はパニック状態で、
何かあっては大変~と言うので今年は規制がかかり、予約400人でした。
 
新人さん、私たちのクラス、先輩たちのクラス、皆大いに受けて笑っていただき本番が一番良かった[手(チョキ)]
IMG_3794.JPG 
 
都師匠の 「都噺」「はるちゃん」は 会場ドッカンドッカンと笑いの渦[どんっ(衝撃)][わーい(嬉しい顔)] 
 
皆さんお疲れ様でした~打ち上げ食事会は「美々卯」でカンパーイ。
 
明日からは 2月の「パリテ亭」出演に向けてダッシュや~[ダッシュ(走り出すさま)][わーい(嬉しい顔)] 

繁昌亭 五右衛門の会 [落語]

12月12日は、石川五右衛門が釜茹でされた日?!
 
半紙に12月12日と書いて、玄関や窓に逆さまに貼っておくと泥坊除けになるんだとか。 
 
繫昌亭の五右衛門の会は、「米二・三喬・銀瓶 三人会」
P1050984.JPG 
 
あれっ? 露の瑞さんの声が?
入り口でお客さんのご案内をしてはりました。
今日は鳴り物での出番でした。
P1050985.JPG 
 
オープニングトーク・・三人さんの着物が赤・青・黄・・ 
まるで信号みたいとしょっぱなから笑わしてくれます。
P1050988.JPG
(この時だけ撮影の許可が出ました) 
 
2016年重大ニュース小噺は
 
銀瓶さん 豊洲の盛土とスマップ解散 
米二さん 歩きスマホと東西噺家の不倫
三喬さん 君の名はとトランプ現象
 
はてなの茶碗・・笑福亭銀瓶
代書・・桂米二
三十石・・笑福亭三喬
 
どの落語も何度聴いても 面白くって大笑いでした[わーい(嬉しい顔)]
 
三喬さんの、三十石は偉い気合いが入っていました。
ご本人がそう言ってはりましたので間違いなし[手(チョキ)] 
 

落語教室事始め [落語]

9日の落語教室は 少し早いですが、事始め。
 
生徒全員着物を着て、露の都師匠にご挨拶しました。 
 
この1年間のお礼と、本日より事新たに始めさせていただきます・・・。
 
そして抱負を述べました。
 
師匠に「お餅料」をお渡しして、師匠からは全員にお扇子をいただきました。
P1050981.JPG
 
1月の 都師匠の教養講座で、生徒も発表します。
 
私たち火曜クラスは 「時うどん」 「宿替え」
 
もう練習日がありません。
 
リハーサルではしっかりとOKいただけるよう、授業の後も自主練習しました~。
 
みんな頑張ってるね~[グッド(上向き矢印)] 
 
 

河内寄席 [落語]

26日土曜日、河内寄席に行くため、車がなかったのでバスで行くことに。

河内長野行は1時間に1本。

途中、大阪狭山市のトンネルを抜けて消防署の信号で、軽自動車の衝突事故。

道路が閉鎖されバスが走れな~い[がく~(落胆した顔)]

15分程様子を見たところで、おまわりさんの誘導で違う道を走行し、バスが動きました。

余裕を持って出たので悠々だったのに、食事をしたりお茶を飲んだり・・

開演時間ギリギリセーフ 。

露の都師匠 P1050947.JPG

笑福亭鶴二さん P1050946.JPG

露の瑞さん P1050945.JPG

すずめ家ちゅん助さん P1050948.JPG

P1050949.JPG 

今日もたっぷり大笑い[わーい(嬉しい顔)]

P1050951.JPG

都師匠、鶴二さん、瑞さんと[グッド(上向き矢印)] 

帰路は、バスはもうありません。

落語会に来られていた、ご近所さんで落語教室のSさんの車で ・・楽チンでした。

 


北野天神・もみじ寄席 [落語]

19日、京都北野天満宮社務所でのもみじ寄席・・露の五郎兵衛一門の落語会。

10時半に家を出たのですが、京阪電車が、和歌山地震の影響でのろのろ運転。

約3時間かけて現地に到着。

手水所で手を清めていると、神主さん先頭の行列が・・。

P1050909.JPGP1050910.JPG 

都師匠 紫さん 瑞さん・・。

「露の五郎兵衛の碑」での碑前祭に出向かれる行列でした・・私も参拝について行く。

P1050918.JPG碑の前で都師匠と。

 社務所での落語会は100名近く来られていました。

P1050919.JPG 

3時から5時半までたっぷりと聴き。

夜間ライトアップされている「もみじ苑」へ。

昼間に見る紅葉とはまた違う、ちょっと妖艶な紅葉。

P1050929.JPG 

30分苑内を見て回り、お饅頭とお茶をいただいて帰宅の途に着きました。

 

 


天満天神繫昌亭へ・・その② [落語]

落語を聴く前に、腹ごしらえや~

フーさんと、天神橋商店街のお寿司屋さんで、私にしたらちょっと贅沢なお昼を

P1050883.JPG

その後 繫昌亭近くのお店で 足の痛くならない足袋をフーさんからプレゼント[黒ハート]

P1050904.JPG 

手作りの来年の干支の鶏もいただきました。毎年有難う[わーい(嬉しい顔)] 

足袋・・結構なお値段でした。落語の練習や発表の時に履きますね~有難う[揺れるハート] 

そのお店の奥さん、私と同い年・・よう喋りはる・・大阪のおばちゃんやね。 

天満宮のお参りの仕方や、落語家さんのお気に入りの足袋の話など。

天満宮の表門(大門)の天井の、十二支が描かれた方位盤。

酉の絵柄は「鶏」ではなくて 「鳳凰」なんだって。

P1050899.JPG 

フーさんとお参りしました。天井を見上げると・・ほんまや。 

なんで?・・調べてみると

左遷された道真が 大宰府に行く時に読んだ歌からきているんだとか。

「鳴けばこそ 別れをいそげ 鶏の音の 聞こえぬ里の 暁もがな」

鶏の鳴き声に無念の出立を急がされたかのような歌であるため、

天神さんでは鶏を用いず、大阪天満宮でも鶏卵をお供え物にすることはないんだって。 

へぇ~ そうなんや~ 。

ちょっと賢くなったかな。